ブログトップ

松本けいいち 議員ブログ 「まつけい走る」

matukei.exblog.jp

新しい奨学金返済支援の仕組み

 久々のブログ投稿です。
 高校を卒業し、奨学金を借りて都会の大学などに進学し、その後ふるさとに帰って来たら奨学金の返済を免除される、という制度が作れないか、とずっと考えています。
 先日、鹿児島県長島町という人口一万人余りのまちに視察に行く機会を得ました。このブログに書いた「ブリ奨学金」という実質的に返済免除の奨学ローンを全国で初めて導入した町です。

 担当者から奨学金返済支援の考え方や仕組みを学びました。
「この方法なら京丹後市でも作れるのでは」との思いを強くしてきました。

 制度の要旨は、
1,自治体ではなく、地元金融機関が低金利の奨学金ローンを作る
2,奨学金ローンの借り入れは保護者で、借り入れと返済は保護者と金融機関の間で行われる
3,ふるさとに帰って来たら、借り入れた奨学金ローンの利子と元金を町が助成し、実質的な返済免除とする
4,地元の企業や市民の寄付、ふるさと納税などで町が基金を作り、それを奨学金返済の原資にする
(詳細はもう少し複雑ですがここでは省略します)

 ふるさとに帰って来い、とみんなで支え合う奨学金。
課題は財源。誰がこの奨学ローンの返済の原資を賄うか。
町の担当者の話を聞いた感じでは、京丹後市であれば年間3千万から4千万円はかかりそうだ。

市民や市内企業からの寄付の他、丹後出身の方々からもふるさと納税などで資金的な応援をしてもらう必要がある。

 都会からふるさとに帰ってくる若者たちは、丹後の地域を守り、祭りを守り、田畑や山や海を守る貴重な人材。
「都会の丹後出身のみなさん。あなた方に代わって彼ら、彼女らがまちを守り、支え、発展させてくれるのです。資金的な応援をしていただけませんか?」
こういう呼びかけをすればふるさと納税で応えてくれるのではないだろうか。

富山県氷見市でも始められたようだ。詳細な制度設計を研究したい。

「京丹後ふるさと奨学金」というような制度。いかがでしょうか?
a0127602_13055693.jpg



フェイスブックページでは日々の細かいことも書いています。










[PR]
# by tango-matukei | 2017-11-23 13:09 | Comments(0)

「アドバンス・ケア・プランニング」を広げたい

 先日名古屋で開かれた「アドバンス・ケア・プランニング研究会 第2回年次大会」という研究発表会に出席してきました。主催は「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)研究会」です。 
a0127602_18551852.jpg
a0127602_19350020.jpg

 アドバンス・ケア・プランニング(以下「ACP」と略します)とは、高齢者が自分の望む「終末期における自分らしい最期までの生き方」について、元気な時から家族や医療者たちと共に話をし、関係する人たちで「本人の思いを共有する」プロセスのことです。

 最近マスメディアでも取り上げられることが増えています。 
  ↓    ↓
a0127602_10424058.jpg
(京都新聞9月5日記事)
 
 この問題に取り組もうと思ったのは、3年ほど前に「身近な親族の終末期の医療の選択において、すでに患者本人の意思が把握できない容態になった時期に、親族で医療の方針を決めたのだが『本当にこの医療の選択が良かったのか』と、ずっと悩んでいる」という悩みの相談を受けたことがきっかけです。
 当時は「ACP」という用語は知りませんでしたが、いろいろと学ぶ中で、終末期の医療選択についての課題を少しでも解決しようと思うと、行き着くところは、事前に本人の思いを共有する過程こそが重要だ、と思うにいたりました。

 医療技術が大幅に進展した今日では、さまざまな医療技術によって「命を延ばす」治療が広がってきました。長く生きられるようになったということそのものは、誰にとっても素晴らしいことであり、不老長寿を夢見た昔から考えると、良い時代に生きているのであって、喜ばしいことです。
 一方で、本人が望むと望まないとにかかわらず、一旦延命治療と呼ばれる治療が施されると、基本的に途中で中断することができない、とされていて、本人や家族の苦痛が長く続く場合、それが本人や家族にとってつらいもの、となるケースもあります。ましてや本人の望まいない医療だった場合はなおさらです。

 いわゆる終末期と呼ばれる、高齢者の人生の最終段階の時期の医療選択については、厚労省もガイドラインを作るなどして、そのあり方についての議論が国を挙げて進みつつあります。
 どのような医療を選択するか「こうあるべきだ」「こうしなければならない」という正解がない中で、本人の意向を十分に尊重し、その意向に敬意と配慮を行いながら、終末期の医療の選択を行なう、という方向になってゆくものと思っています。
 
 問題は、その「本人の意向」をどのようにして把握するのか、また医療者や家族も含め関係する人たちがどのように共有するか、だと思います。

 事前指示書という「書類」に書き示しておく、ということも一つの方法です。しかし、私が思うのは、「事前指示書を書くこと」よりも、普段から身近な人達と「自分の最期までの生き方の希望」を普段から話すことができる環境作り、ということにフォーカスすべき、と考えています。
 また、人生の最期まで「どうより良く生き、そして生き終わるか」ということについて、事前に自分の意向を考える上では、医療者などの専門的知識を持っている人の具体的な助言や支援も不可欠です。
 医療者だけでできる話ではありません。本人の意向はその都度変わることもあり得ますし、答えは一つではありません。本人や家族の気持ちも揺れ動きます。本人や家族を支えるためには行政の地域包括ケアに関わる職員さんも重要なキーパーソンだと思います。

 医療・介護・行政など多職種の連携と合わせ、市民の理解も欠かせません。包括的に進める必要が出てきます。家族関係や地域のあり方にもつながるため、「まちづくり」という視点での取り組みになってくると思います。


京丹後型ACPの仕組みができないものか、と考えています。





フェイスブックページでは日々の細かいことも書いています。
松本けいいちフェイスブックページ



これからフェイスブックを始められるかたはこちら
フェイスブックの始め方








 


[PR]
# by tango-matukei | 2017-09-07 10:58 | Comments(0)

夏休みに一冊

お盆に読んだ本があまりに面白かったので【書評】書きました。

「西南シルクロードは密林に消える」高野秀行著

辺境ライターの高野秀行氏によるノンフィクション紀行小説です。

a0127602_11145598.jpg


 著者本人が、中国南部の成都からビルマ(ミャンマー)北部を通ってインドまで通じる、とされる「西南シルクロード」を陸路で歩き、その存在についてレポートするもの。

 中国南部からミャンマー北部に密入国し、少数民族や反政府ゲリラによる支配エリアを、ゲリラ軍のサポートを得ながら密林を歩き、山を超え、インドに密入国し、最後はカルカッタ日本領事館に駆け込み、インドから強制国外退去処分で日本に帰国する、というのがあらすじ。
 これらの顛末を、中国と国境を接するミャンマー北部や北東部インド地帯の文化、少数民族や反政府ゲリラの実態に加え、ビルマ民主化の経緯やアウン・サン・スー・チーさんの事も少し書き込みながら、ユーモアと温かい視線で綴られます。

ミャンマー南部は仏教徒が多いが、北部の少数民族の住むエリアは熱心なクリスチャンが圧倒的に多い、というのも驚いた。


「西南シルクロード」というのはどんな道だったのか、あとがきを読んで最後になって分かる、という書き方もまた秀逸。

ほんと、面白かった。辺境紀行がお好きな方には特におすすめします。

市立図書館にあります。

著者の高野秀行氏のことは、前に図書館で借りた対談本で初めて知りました。あまりに面白かったのでしばらく追いかけてみたいです。




フェイスブックページでは日々の細かいことも書いています。
松本けいいちフェイスブックページ



これからフェイスブックを始められるかたはこちら
フェイスブックの始め方









[PR]
# by tango-matukei | 2017-08-16 11:40 | Comments(0)